妊婦のくらし

妊娠中・産後の腰痛を緩和するセルフケア ~母性看護専門看護師×痛みの理学療法士コラボ企画~(2019年1月27日開催)

2018.08.01

 妊娠出産はプロジェクト。マネジメントすることは可能です。

今回は、「しょうがない」であきらめられがちな、「産後疲労」と、「妊娠中・産後の腰痛」について、医療従事者向けのセミナーを開催します!

 

午前・午後の2部構成で、午前のみ、午後のみ、の受講が可能です。これまでセミナーを受けてくださった医療者の方からは、「新たな!発見やひらめきがあった」、「明日からの臨床実践にでもすぐ活かせそう」、「豊富な研究データがあり説得力があった」、「もっとじっくり聞きたかった」との感想をいただいています。今回は、NPO法人 ペイン・ヘルスケア・ネットワークと共催し、実技も行うセミナーにしました。ご興味ある方、ぜひご参加ください。お待ちしています。 

◎こんな人におすすめ
・助産師、看護師、保健師
・理学療法士・作業療法士
・妊産婦ケアに関心のある医療者 

◆場所 芝三田森ビル 2 階 芝区民協働スペース 会議室1

◆日時 2019年1月27日(日)13:00~15:30

◆時間 2.5時間

◆料金 ¥3,000 

◆定員 50名

◆保育 なし

◆プログラム
<妊娠中・産後の腰痛を緩和するセルフケア 
~母性看護専門看護師×痛みの理学療法士コラボ企画~>

1.今、求められるワーク妊婦バランス

2. オフィスで働く妊婦・産休後の妊婦・乳幼児がいる妊婦の一日、座り方、椅子やデスクの実際

3.妊婦の腰痛、妊婦へのケアの配慮と安全、姿勢及びセルフケアの査定、痛み緩和セルフケアとセルフケア継続の援助

4.ブレイク

5.妊婦の腰痛をマネジメント 痛みの教育と運動で意識が変わる? 

6. ロールプレイ&グループワーク 

◆講師

長坂桂子(当団体理事長 母性看護専門看護師、Ph.D)

江原弘之(NPO法人ペイン・ヘルスケア・ネットワーク理事長、理学療法士)

このページをSNSにシェアしませんか?